金沢にいらっしゃったら

金沢にいらっしゃったら

兼六園、茶屋街、21世紀美術館、長町、近江町市場と定番の観光名所はありますが、金沢に住んでいますとどれも日常には縁遠いものです。「食の町金沢」として、寿司、海鮮丼、金沢おでんが多くのメデイアで紹介されています。その中では、回る寿司屋さんのレベルは高く安いのでよく利用しています。

おすすめなのは

洋食屋さんでは「ニューたぬき」さん。「黒い焼き飯」「タンシチュー」

和食屋さんは「東木(とうぼく)」さん。何を食べても丁寧な美味しさです

回らないお寿司屋さんは「千取寿司」さんに尽きます。寿司の三大名所(小樽、清水、金沢)の一つでもある「金沢の寿司」を堪能してください。お寿司やさんを選ぶ時自分なりの基準としているのは、「こはだ、玉子焼き」。技量を問われるネタかと思いますし、これが美味しければ全てのネタが美味しい。特に、職人さんの技が凝縮される「こはだ」は美しいの一言です。余談ですが、中華料理では、「炒飯、エビチリのおいしいお店」(横浜、山手に長くいたのですが、「四五六菜館」「保昌」さんがおすすめです)

夜の「片町」も人気ですね。老舗のクラブ「理恵」さんを筆頭にして、金沢の女性の飾らないほっこり感や親しみのある金沢弁はきっと居心地の良い時間と空間を提供してくれることでしょう。

そして、片町で食事をするなら、何を食べても間違えのない「なごみ屋」さん。大将の人柄が料理をより一層おいしくさせています。「旬のお造り」はその日一番の鮮魚を堪能できますし、「丸ごと海老のクリームコロッケ」「タラ白子天ぷら」「タコの天ぷらおろしポン酢」「白エビからあげ」と美味いもの尽くし。サラダに付く「五郎島金時のポテトサラダ」はあまりに美味しすぎてレシピまで聞いてしまいました。料理には能登の銘酒「池月」が合います。呑んで食べて、まかない料理をわがまま言って頼んで、おみやげに「焼きそば」が、私の定番です。

ぜひ、金沢をご賞味ください

「CRAFEAT」さん、追記しました。金沢を代表するお店になるかもしれません